所蔵史料紹介

A. 東京薬科大学の歴史

創立者藤田正方先生と本学の歩み

藤田家世系(一巻)

本学の創立者である藤田正方は、1846年(弘化3年)越前国丸岡谷町(現在の福井県北部)で旧丸岡藩の範医 藤田正中の長男として生まれた。本家系図では、天武天皇舎人親王第9代子孫 清原吉澄を祖としている。
正方の祖父の藤田正大・天洋は漢方医学・オランダ医学を修め、丸岡藩主の御側医師を務めた人物で同藩の蘭学医術開祖として後進を育成した。

藤田 正方編集 「東京府病院薬局法」

1880年(明治13年)
本書の構成は、凡例において製剤の法を記し、主としてドイツ製剤より、エキス、煎、浸、乳、チンキ剤について述べ、ついで極量表をドイツ局方から引用し、最後に度量衝換表を掲げている。今日の薬局方のような薬物単味の品質規格集を中心としたものでなく、処方集・製剤手引き集である。

藤田 蒲三郎氏 卒業証書

1884年(明治17年)
藤田蒲三郎氏の東京薬学校第一回卒業証書
藤田正方校長実弟、後に私立薬学校(現在の東京薬科大学)監事となる

藤田 正方先生 墓碑銘

本学の創立者藤田正方先生、およびその弟の董平、蒲三郎両先生の墓は、東京都台東区の谷中霊園(乙13号)にある。墓石は正面に「藤田正方之墓」、左側面に「藤田董平之墓」、右側面に「藤田蒲三郎之墓」と刻され、背面に墓碑銘がある。展示品は背面の墓碑銘の拓本で、生前の偉業が記されている。

下山 順一郎手製の生薬標本(明治時代)

明治21(1888)年来、明治が終わるまで東薬の校長を務めた下山順一郎(1853〜1912)は、近代薬学界の中心人物である。薬が化学合成物となる前は、薬はみな天然物由来であったから、当時の薬学は生薬学が主流で、下山はその第一人者であった。

展示品は下山が自ら作製した100年以上前の生薬標本の実物である。ラベルに印刷された欧文は「Tokio Yakugakko」「Pharmceut.Laboratorium.」。生薬名は下山自身が毛筆と墨を用い、今とは逆に右から左へ「青蓼」「和小楝子」「柳梅」「白槿花」「桑産皮」「唐枳実」「加嘉皮」などと書かれている。

丹波 敬三校長の墨跡

東京薬学専門学校の初代校長に就任した丹波敬三は、平安時代から続く名門医家の血統。「淡斎」と号し、書をよくした。写真はそのひとつで、長寿を祈念し祝う「延寿萬(万)歳」の成語が書かれる。右の朱印(関防印)には「醍醐味」とあり、「正三位勲一等薬学博士丹波敬三書」と署したあと「丹波敬三」「淡斎老人」の落款印がある。

上野 金太郎先生「規律清潔」扁額

上野金太郎先生(1866〜1936)は東京大学医学部薬学科を卒業してドイツに留学した後、明治24年(1891)私立薬学校(本学の前身)の生薬学の講師となる。昭和8年(1933)東京薬学専門学校女子部の部長となり、同年、池口慶三校長逝去にともない東京薬学専門学校校長に就任した。本額は昭和9年(1934)、本学卒業生の寄金によって額装され長年、柏木旧校舎の大講堂の壇上に掲げられていた。八王子移転の際には損傷が激しく以後放置されていたが、このたび修復が成った。本来、額の横幅は2.5メートルもあったが、修復の際切り詰めて現状に直してある。

担任教科目及び給与一覧

東京薬学専門学校

明治時代の処方せん

1873年(明治6年)日本の処方せんでは、かなり古いものと思われる

北里善次郎氏欠勤届

東京薬学専門学校
1924年(大正13年)
講師であった北里善次郎氏が東京薬学専門学校 丹波敬三学校長宛に提出した欠勤届け
(北里柴三郎氏の次男、後に北里研究所所長も務める)

B. 本学のパイオニアたち

本学は我が国初の私立薬剤師養成機関、薬学・生命科学教育機関としてこれまでに4万人にのぼる卒業生を社会に輩出しており、その多くが社会の様々な分野でフロンティアとして活躍しています。

C. 歴史的な医学書や昔の実験器具

Hooke, Robert: Micrographia, 1st ed. ロバート・フック"顕微鏡図" 初版

London, 1665年(寛文5年)レプリカ
フックは王立協会長を務めた多才な科学者であった。自身の発明による複式顕微鏡によって微生物を観察し、ミクロの世界を多数の図版によって発表した。コルクの薄片によってヒントを得、「細胞」を発見し、動植物体の構造に新しい概念を生み出した。

杉田玄白著 解体新書 5巻

初版 1774年(安永3年)レプリカ
ドイツの医学者クルムスが著した"解体図譜Anatomische Tabellen"のオランダ語版から翻訳したもの。本書が当時の医学界に与えたインパクトは巨大である。以後の日本医学の方向に決定的な影響を与えた。

おきぐすり(売薬) 大正~昭和初期

「おきぐすり」の正式な名称は「配置販売業」。以前は「売薬」といわれていたが、昭和18年の薬事法で「売薬」という言葉が廃止されたため、今日では配置販売業と呼ばれている。

薬研

漢方薬等を調整するとき、薬剤を細粉にひくために用いる器具。「くすりおろし」ともいう。小舟型の器具の底に窪みがあり、そこに薬効のある草、根、木などの薬剤を入れ、車輪の軸の両端に両手を置き、これを前後に往復させることによって、薬剤を押し砕いて細粉にする。薬研を使用すると、その器具の特性から粉末の粒度が均一になる。

石英分光写真機(株)理化学研究所

1940年代後半、紫外部の波長領域をカバーできる水晶分光写真機が開発されていて分光分析の分野で大きな実績をあげていた。
島津製作所創業記念資料館では、水晶分光写真機QF-60が展示されているが、それと同等のものと思われる。

昭和時代の調剤・実験器具

今ではほとんど目にすることがなくなったが、薬局の必需備品に、数百g以下の薬物を量る調剤用上皿天秤、より微量な物質を量るガラスケース入りの精密天秤(毒薬天秤・化学天秤などとも)、バランスをとるための大小分銅、薬瓶の栓を作るためのコルク圧搾器などがある。

動物生薬の標本

薬は元来、天然物に由来する。天然物薬には鉱物薬・植物薬・動物薬があり、植物に由来するものがもっとも多いが、動物の各部分(組織)を薬用とした動物薬も古来用いられた。動物薬には希少動物を基原とする高貴薬で、精力・滋養強壮を目的とするものが多い。史料館には穿山甲(哺乳類のセンザンコウ)、犀角(サイの角)、鹿茸(若い鹿の角)などが展示してある。

史料館パンフレット

東京薬科大学史料館パンフレットをご覧になりたい方はこちらよりダウンロード頂けます。

史料館パンフレットPDF

パンフレット郵送希望の方は、お問い合わせフォームにてご連絡ください。
同窓会等での配付も歓迎します。
希望部数、配付先(同窓会の名称、開催日時)、送付先(郵便番号・住所・氏名・電話番号)をご連絡ください。